いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

車のタイヤの購入と交換はここがおススメ!!コスパもいいし、予約も簡単!【楽天Car取付】

前回記事でタイヤってのはとっても大事なパーツで、ないがしろにしちゃいけないんだよってことをトツトツと語らせてもらいました。

そして、タイヤの選び方のポイントや、見積比較をしてみました。

www.imasaraoyaji.com

その中で名だたるカー用品店を抑えて一番安い価格をたたき出してきたのはこちらです。

event.rakuten.co.jp

楽天Carタイヤ取付というサイトです。

ただね、ここが安いよって言っておいてなんですが、安けりゃいいってもんでもないんですよ。

安いけどやっぱりここは抑えておきたい!っていうポイントがあるわけです。

楽天Carタイヤ取付の購入の方法と、ショップ選びのポイントをお教えしておきますので、参考にしてみてください。

 

f:id:sere-na:20201018105642j:plain

 

タイヤを買う前の確認

何はともあれ、

【楽天市場】楽天Carタイヤ取付|タイヤ購入と同時にタイヤ交換予約も完了!

こちらをクリックしてサイトにいきましょう。

 

取付店を確認する

サイトのトップページを下にスクロールし、STEP3の下にあるこちらまでいきます。

f:id:sere-na:20201014213005j:plain

まずは①の赤枠内にご自宅の郵便番号を入力して検索をクリックすると、このように近くのタイヤショップやガソリンスタンドなどのタイヤ取付店が表示されます。

必ず近くに取付店があることを確認してください。

f:id:sere-na:20201014221202p:plain

特に離島などにお住まいの方が読まれたなら、必ず確認してくださいね。

 

それと、店舗を選ぶときのポイントですが、ゴムバルブ(空気を入れるところ)交換と古タイヤの処分費は各店舗によって異なります。

画像の赤枠内で囲ったところですが、上の店舗は4本で3,520円、下の店舗は2,100円なので、差は1,420円。

実にファミレスお一人様1回分くらいの価格差があります。

かといって、自宅から遠いけど安い店舗に行ってもガソリン代を考えると無駄になりますから、自宅からの距離と価格を加味して店舗を選ぶようにして下さい。

 

取付工賃を確認する

取付店の確認が終わったら、取り付け工賃の確認をして下さい。

(ここでいう工賃とは、タイヤの脱着、組み換え、バランス調整まで含みます)

こちらはSTEP1の下にこのような画面がありますので、【タイヤ取付チケット販売価格一覧】をクリックします。

f:id:sere-na:20201014213216p:plain

すると、下の画面になります。

f:id:sere-na:20201014213227p:plain

16インチまでのタイヤのみの交換の場合は税抜き7,600円(税込8,360円)になります。

タイヤサイズが大きかったり、ホイールとセットで買うとか価格が変わりますので、必ず確認するようにしましょう。

 

タイヤを買う

ここまで確認が終わったら、実際にタイヤを選んで買う作業に入ります。

タイヤを選ぶ

どのメーカーのタイヤを買おうかと悩んでいる人は、ひとまずタイヤサイズだけを入力すればいろんなメーカーのタイヤが出てきますので見比べてみるといいと思います。

f:id:sere-na:20201014213543p:plain

前回記事で書きましたが今回交換するのは通勤用の軽自動車、ミライースのタイヤになります。

ほぼ私一人が乗り、高速走行もありませんので静寂性やグリップ性能などは求めません。

かといってタイヤは走ったり止まったりするためにとても重要なパーツですから、信用性が低く安いだけのタイヤも避けます。

 

ということでブリヂストン社のサマータイヤ(スタッドレスではない)、ネクストリー155/65R14を買いますので上の画像のように入力し検索します。

 

すると1本のバラ売りから4本セットまで、様々な商品が出てきます。 

f:id:sere-na:20201017142332p:plain

下にもまだまだいろんなショップがありますが、調べてみると左から2番目の商品が最安値のようです。4本で13,352円ですね。

 

ん?一番左を見てみると4本セットで13,320円がありました!

ということは、4本まとめて買う場合は32円ではありますがこちらが最安値になりますね。

しかし、私は1本3,338円のほうを選びました。

なぜか?

 

ここがポイント

これはタイヤを選ぶ際の大きなポイントの一つになりますが、値段の上のもう一つ赤丸で囲ったところに注目してください。

【2020年製 日本製】とあります。

日本製はあまり重視しませんが、2020年製が大きなポイントになります。

 

今回交換する私のタイヤの溝はまだ残っていますが、製造から7年経過していて劣化によってひび割れてきたために交換するんですね。

タイヤはゴム製品ですから、作った時から劣化は始まっています。

つまり、未使用のタイヤであっても年数が経ったタイヤはそれだけ寿命が短いと考えたほうがいいです。

 

仮に窓がなく温度も低い温度で管理されている倉庫に保管されているタイヤであれば、劣化はあまりないかもしれませんが、窓から燦燦と太陽光が降り注ぎ、夏には温度が50℃にも達するような倉庫に1年も保管していれば、劣化はかなり進んでいると考えたほうがいいですよ。

 

(注)上の画像でセット販売しているショップが古いタイヤを販売してるというわけではありません。ここに表示をしていませんが、最新のタイヤに交換してくれる可能性は十分にありますので、誤解のないようにお願いします。

 

もし、製造年の表示がないショップで買うなら、事前にお問合せしてみることをおススメします。

 

 

さて、購入するショップが決まったらショップの商品ページに入ります。

f:id:sere-na:20201014220143p:plain

ページ内にもしっかりと2020年製の表示があります。

加えて、【9月以降産品】となってます。

この記事を書いているのが2020年10月ですから、できたてホヤホヤのタイヤを入れてくれるってことですね!

これはありがたい。

 

ただ、これだけ表示してくれていて、最新のタイヤに交換しましたって言われても、製造年の見方が分からないと確認のしようがありませんね。

騙すようなショップはないと思いますが、一応製造年の見方を書いておきます。

 

タイヤの製造年の見方

タイヤのホイールに近い部分(内側寄り)にこんな4ケタの数字を見つけてください。

数字の前のアルファベットは1桁から3桁くらいあるようですが、気にしなくていいですよ、数字だけ見て下さい。

f:id:sere-na:20201017142758j:plain

これは私の通勤車の画像ですが、【4713】とありますね。

この数字の最初の2桁は1年のうちの何週目に作られたかを表しています。

そして、1年は365日ですから1週間の7日で割ると52週間あります。

このタイヤは47週目に作られたタイヤなので、11月の最終週くらいってことがわかりますね。

 

そして、もうひとつの【13】は西暦を表しています。

13年の前の2桁が省略されてますが、2013年ということですね。

その前の13年は1913年なので、そんなものはあるわけがありませんから2桁で十分なわけです。

 

つまり、【4713】は2013年の47週間目(11月下旬)に作られたタイヤってことですが、こんな説明でわかりますか?

 

ちなみに私の車は2013年12月が初年度登録なので、どこかのマヨネーズが生みたて卵で作られてるかのごとく、できたてホヤホヤのタイヤを履いてましたよ。

 

タイヤと一緒に【タイヤ取付のチケット】を購入

購入するタイヤをかごに入れたら、同じ商品ページでタイヤ取付チケットを購入します。商品ページを下の方にスクロールしていくと、この画像のような画面が現れます。

f:id:sere-na:20201014215910p:plain

青枠の【タイヤ取付チケット購入ページ】をクリックします。

 

そして、タイヤの購入本数と同じ数のチケットを購入します。

f:id:sere-na:20201014220016p:plain

2つの赤枠内、タイヤと取付チケットの数量が4になっていればオッケーです。

 

本数を確認したら注文を確定しましょう。

f:id:sere-na:20201014220100p:plain

 

タイヤ注文後の流れ

楽天からメールが届くので取付の予約をする

注文を確定するとすぐに楽天から予約メールが届きます。

メールにも書いてありますが、24時間以内に取付店を予約しましょう。

f:id:sere-na:20201014220621p:plain

メールの中の青枠内の【取付予約フォーム】をクリックし、取り付けの予約ページに飛びます。

 

電話番号を入力

注文番号は自動で入力されているので、電話番号を入力し【注文を照会】をクリック。

f:id:sere-na:20201014220700p:plain

 

 開いたページの青字に表示されたタイヤが自分の購入したタイヤに間違いがなければ、クリックし【取付店舗を選択】をクリック。

f:id:sere-na:20201014220814p:plain

 

取付店舗を選択

 特別に取り付けたい店舗がなければ、自宅の郵便番号入力して【取付店舗検索】をクリック。

f:id:sere-na:20201014221056p:plain

すると、自宅周辺の取り付け可能な店舗が表示されます。

店舗を選ぶ

その中から取付店舗を選びます。

最初の方でも少し触れましたが、赤枠のように店舗によってゴムチューブとタイヤの廃棄代が異なりますので、自宅からの距離と商品代を加味して選びましょう。

f:id:sere-na:20201014221202p:plain

店舗を選んでクリックすると下の画面になります。

 

私は楽天会員なので、ログインしてそのまま進みますが、ここで楽天会員になるもよし、ならずにこのタイヤ交換サービスのみ利用するもよしです。

f:id:sere-na:20201014221242p:plain

なお、私はブログを早めに書くために適当な日に予約しましたが、楽天会員の方は知ってると思いますが、0と5が付く日に購入と予約をするとポイントが5倍になるのでとってもお得ですよ。タイヤは安い買い物ではないので、ポイントはかなりつきますので、日にちを選んで購入することをおススメします。

 

入力内容を確認

 ログインしたら下の画面になりますので、交換を希望する日時を第3希望まで入力します。

f:id:sere-na:20201014221343p:plain
f:id:sere-na:20201014221353p:plain

そのほかに車のメーカーや型式など車検証などを見ながら入力しましょう。

 

取付を申込

 入力が終わったらもう一度内容を確認し、下の画面から申し込みをします。

f:id:sere-na:20201014221511p:plain

 

取付の申込が完了

無事に下の画面になれば、申し込みが完了です!

f:id:sere-na:20201014221541p:plain

 

申込完了のメールが届く

申し込みが完了してからしばらくするとメールも届きますので、確認しておきましょう。

メールは作業が終了するまでは一応、大切に保管しておいてください。

f:id:sere-na:20201014222724p:plain

タイヤ取付の店舗の確定メールが届く

後日、(私は次の日でしたが)第3希望まで出した交換希望日のいずれかの日時で予約確定メールが届きますので、指定された日時に店舗に出向き交換すれば作業は終了です。

f:id:sere-na:20201014223251p:plain

この記事をアップした時点で交換までは済んでいませんが、無事に交換が終わりましたらしっかりと加筆しますので、しばらくお待ちください。

 

さいごに

交換工賃や手間を考えてネットでタイヤ買うことに躊躇してる人いませんか?

最近まで私もその一人でしたから、偉そうなことは言えませんが、この楽天Car取付は安くて簡単なので、マイカーのコストを下げたい!思っている人には絶対おすすめします。

是非一度お試しくださいね。

 

車関連のおススメ記事

 

www.imasaraoyaji.com

 

www.imasaraoyaji.com

 

www.imasaraoyaji.com

 

www.imasaraoyaji.com

 

 

 

オリジナルデザインのアイテムショップ!!ロンパースなどかわいいデザインがいっぱい!!

suzuri.jp

 

オリジナルLINEスタンプはこちらから!!

store.line.me

 

【関連ショップ】

クールなデザインTシャツはこちらから

suzuri.jp

 

個性派のデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

シュールなデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

 

名前を詩にした世界に一つのオリジナルプレゼントはこちら!