いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

【徹底比較!】タイヤ交換するならどこで買うのが安くて安心なの?タイヤ選びから見積もりの比較までを大公開!!

車をお持ちの方なら必ずしなければならないことがたくさんありますね。

車検や点検、オイル交換、税金の支払いなどなど・・

f:id:sere-na:20191217231930j:plain

その中でも大切なことの一つがタイヤ交換です。

タイヤは数百kgから1トン近くもある車(乗用車)をハガキ4枚分の面積で地面に接地し、走ったり止まったりする大切なパーツです。

タイヤがすり減ったまま走り続けるとパンクしたり、時にはバースト(破裂)することがあります。

実際に私自身、過去に高速道路で目の前の車がバーストしたのを2度目撃したことがあります。

 

あれってね、かなりビビりますよ!

追い越し車線を走ってたら目の前の車のタイヤが、バァーン!!っていきなり破裂するんですから!

ドラレコが付いてなかったのが悔やまれるくらい見事なバーストでした。

しかも、そのまま右車線の右側に寄せてハザード点けて止まったんですよ!

こっちも減速しなきゃならんから、後ろからオカマ掘られるんじゃないかとドキドキでしたが、幸い交通量が少なくスムーズに追い越して行けたので事なきを得ました。

その後もニュースにはなってないので、バーストした車も無事に避難したんでしょう。

 

そんな大切なパーツですから、車検の時にも厳しく検査され危険だと判断されれば容赦なく車検不通過となってしまいます。

 

私もこのほど、夏に大けがをし1ヶ月をかけて復活したきた通勤車であるミライースが7年目の車検を迎えることになりまして

 

www.imasaraoyaji.com

 

さすがに7年で5万キロを走ってくると、タイヤの傷みも限界になってきます。

5万キロと言っても、冬場はスタッドレスタイヤに履き替えますので、実際にこのタイヤで走ったのは3万キロから4万キロくらいかな。
f:id:sere-na:20201003222140j:image

溝は多少残っていますが、7年経っていると劣化が激しくだいぶヒビ割れてきていますね。

いくら溝が残っていてもこの状態では車検は通りませんし、走るのも危険です。

そこで、車検前にタイヤ交換をすることにしたのですが、タイヤについてのあれこれや個人的なタイヤ選びの基準、更に見積比較までを記事にしてみますので今後の皆様の楽しく安全なカーライフの一助になればと思います。

 
f:id:sere-na:20201007001946j:image

 

タイヤのサイズ

皆さんはご自分の車のタイヤサイズをご存知ですか?

知る術はいくつかありますが、その中のひとつにタイヤがあります。

タイヤのこの部分を見て下さい。
f:id:sere-na:20201005225514j:image

 

155/65R14

とありますね。

これがタイヤサイズになります。

 

ただ、これだけだと何かの暗号みたいで意味が分からない人もいるでしょうから簡単に説明しておきますね。

まずはこちらの図をご覧ください。

f:id:sere-na:20201005233427j:plain

私はこういうもののセンスが備わっていないので、見ずらいことは重々承知のうえです。

なんとかついてきてください。

 

さて、先ほどのタイヤサイズ155/65R14ですが、

まずは155

これは図の①タイヤの幅になります。

つまりタイヤの幅が155ミリということです。

 

そして、/のあとの65

これは➁のタイヤの厚みを示しているんですね。

扁平率なんて言い方もします。

この数字は計算式で出すんですが、そんなもん知っててもなんの役にも立たないので省略しますが、数字が小さくなるほど横から見たときのタイヤが薄くなると覚えておいてください。

薄くなるほどスポーティでカッコいいんですが、タイヤのクッションがなくなるので乗り心地は多少悪くなりますので、おおよその基準としてファミリーで乗るには60以上のタイヤが快適だと思いますよ。

 

最後の14

これは、③のホイールの直径です。

ここでの単位は突然ですが、なぜかインチになります。

私の愛車は14インチなので、おおよそ40センチってとこでしょうかね。

 

あまり見たことなかったかもしれませんが、これがタイヤサイズの見方になります。

是非一度自分の愛車のタイヤサイズを確認してみてくださいね。

 

続いては・・

 

空気圧 

自分の愛車の標準空気圧って知ってますか?

知らない方が多いんじゃないでしょうか?

とくに女性は自分で空気なんて入れたことがない、という方がほとんどだと思います。

 

タイヤの空気圧もタイヤサイズや車によって変わってきますし、空気圧をきちんとしておかないと、燃費にもかなり影響してくるんですよ。

 

では、愛車の空気圧はどこで分かるかというと、まずは運転席のドアを開けてください。

すると赤丸のあたりにこんなステッカーが貼ってませんか?

f:id:sere-na:20201007202903j:image

 

アップにしたのがこちらです。

f:id:sere-na:20201007202926j:image

このステッカーの赤枠にある数字があなたの愛車の標準空気圧になります。

ちなみに、空気圧の横にも先ほどタイヤで確認したタイヤサイズが書いてありますね。

 

ガソリンスタンドやカー用品店には大概エアコンプレッサーが置いてあって、無料で使うことができますから、給油のついでにチェックするもよし、店員さんがいるスタンドならば「空気圧をチェックしておくんな!」と言えば、必ずやってくれますので遠慮なくお願いしちゃいましょう。


f:id:sere-na:20201009083608j:image

 

空気圧が低い状態で高速道路を走るとバーストすることもあるので、2か月に一度くらいはチェックするといいですよ。

 

タイヤ選び

これメチャメチャ大事です。

 

同じサイズのタイヤでも、高いものから安いものまでたくさんの種類がありますね。

もちろん高いタイヤってのはそれなりに理由があるわけですが、じゃあなんでもかんでも高いタイヤを履けばいいかっていうと、各個人の「予算」や「用途」てものがあるわけで、その中でどんなタイヤを選ぶのがいいかってことです。

 

では、高いタイヤっていうのは何がすぐれているんでしょうか?

 

いくつか挙げてみましょう。

①グリップ性能がいい

➁直進安定性がいい

③タイヤノイズが少ない

 

他にもありますが、主だったところはこんなとこですかね。

この他にもミニバン専用ならミニバンのふらつきを抑えるとか、雨の日に強いなどの特製を持ったタイヤがあります。

では、①~③について少し触れておきましょう。

 

①グリップ性能がいい

ってことは、コーナーなどでハンドルを切った時にスリップがしにくくカーブや交差点などで安定して曲がれるということです。

つまりしっかりとタイヤが地面に食いついて曲がってくれるので安全性能が高いわけですね。

 

代表的なタイヤはこちら

 

 

ただし、デメリットもあります。

地面にタイヤがしっかりと食いついてくれるってことは、タイヤ自体が少し柔らかいということなのですり減るのが早い、交換時期が早まるってことです。

 

余談ですが、こちらのタイヤは私がまだ独身だったころにインチアップ(ホイールを大きくしてイキること)しているときに買ったことがありましたが、4本で12万円くらいした記憶があります。

貧乏サラリーマンの今じゃ考えられません。

 

➁直進安定性がいい

これは、高速で走行するときに左右に振られにくく、まっすぐに走りやすいということです。

轍などの影響を受けにくく、フラフラしにくいので高速をよく利用される方なんかはこういうタイヤを選ぶといいでしょうね。

 

代表的なタイヤはこちら

 

 

強風などの時もまっすぐに走ろうとする性能が発揮されますから、運転手の疲労軽減にもつながりますよ。

 

③タイヤノイズが少ない

これも結構重要です。

例えば、家族旅行で夜間移動しているときに寝ようとするんだけど、タイヤが回って地面に接するガーッて音がうるさくて寝られないなんてことありませんか?

あるいは、デートで彼女を助手席に乗せてイカした音楽をかけてみたけど、タイヤがザーザー鳴る音が気になってよく聴こえないとかって最悪ですよね。

 

これはタイヤノイズと言われる音です。

タイヤノイズも特化したものを選ぶと非常に静かになって、走行中でも寝れるレベルまでになりますよ。

 

代表的なタイヤはこちら

 

 

これを履いてレクサスのLSシリーズなんて乗ったらさぞかし静かでしょうね。

乗ったことないから知らんけど。

 

選んだタイヤは!?

以上のことを踏まえつつタイヤを選びますが、今回タイヤ交換する車は私の通勤車であるミライースです。

通勤がメインということは、休日にたまに人を載せることがあったとしても、私一人で乗っている確率が95%以上。

高速道路は乗りません。

そして、裏道ばかり走るのでたまに国道を走ったとして、スピードは70キロが限界でしょう。

 

このようなことを考えて私が選んだタイヤがこちらです。

 

 

ブリヂストンのネクストリー。

ブリヂストンのなかではかなりお値打ちなタイヤです。

今履いているエコピアよりもグレードは落ちますが、さきほど書いた通り、高速も乗らず、一人で乗るわけですから安いタイヤで十分です。

 

その分、家族で乗る車にはいいタイヤを履きますけどね。

 

それと、これはあくまでも個人的な考えですが、安いと言っても海外の安すぎるタイヤはおススメしません。

私も過去に一度だけ履いたことがあるんですが、タイヤノイズと高速でのタイヤのブレでひどい目に遭いました。

タイヤは装着したあとにきちんとタイヤを回転させるために鉛などをホイールに貼ってバランスをとるんですが、何回やっても改善しませんでしたね。

まぁ、あくまでも個人の意見ですので、参考程度に聞いといていただきたいですが、おススメは絶対にしません。

 

それでは、前置きが長くなりましたが、見積もり比較を始めたいと思います。

 

見積比較

まず、始めに同じ条件にするために見積もりをする事項を確認しておきます。

 

タイヤ:ブリヂストン ネクストリー 4本

タイヤサイズ:155/65R14

工賃:タイヤの交換・バランス調整・ゴムバルブ交換・廃タイヤ処分費

とします。

窒素ガスや防錆加工などは含みません。

 

では、比較スタートです。

 

全国展開しているカー用品店A社

まずは、全国的に知られているカー用品店A社ですが、

f:id:sere-na:20201003220136j:plain

トータル42,460円のところ、37,400円までがんばってくれました。

これを考えてみると、店頭でいきなり「これ買います」というよりも見積もりを一度もらって、「これから他を回って見積もりとります」とでも言った方が安く買えるような気がしますね。

 

ブリヂストン系列のT社

お次は、ブリヂストン系列のTというタイヤ専門のショップです。

左から2番目にNEXTRY(ネクストリー)がありますね。

すぐ下の値段はタイヤのみの値段で、赤枠内が工賃込みの値段になっています。 
f:id:sere-na:20201003221423j:image
さすが直営店だけあって、カー用品店よりも安い価格を出してきてます。

しかも、見積もりが欲しいと言っただけなのに、店内でパンク補償やアライメントのことなどとても親切に説明をしてくださいました。

タイヤの専門店ならではですね。

 

カー用品店Y社

こちらも全国展開しているY社です。

見積もりに行って、店員さんに声をかけると早速見積もってくれたのはいいんですが、個別の値段を出して、合計を出さずに「これくらいです」って・・

お「いや💦、これくらいって、合計出してくれないといくらか分からないんだけど」

店「あっ」と言って、手元にあった巨大電卓をパチパチ。

店、電卓を見せて「このお値段です」

お「だから、見積もりに書いてもらっていいかな?」

店「あっφ(.. )」

f:id:sere-na:20201011234632j:image
この店員さん、売る気あるのかな?

残念だけど、絶対に売れないと思いますよ。

出してきた値段も店頭に出ていた価格をそのまんま書いただけだし。

まぁ、これから頑張ってほしいとは思いますが。

 

ちなみに、ディーラーやガソリンスタンドの見積もりがありませんが、正直なところどちらも高いので見積もりを取り寄せていません。

特にディーラーはべらぼうに高いですから、ディーラーで買ってる方は見なおした方がいいですよ。(ディーラーの方ごめんなさい)

 

さて、これまでの3社を比べてみましょう。

 

・A社 37,400円

・T社 34,700円

・Y社 39,680円

 

ということで、T社の34,700円が一番安いという結果が出ました。

 

ここでさらにもう一つ価格を出してみたいと思います。

それがこちら

 

楽天Carタイヤ取付

event.rakuten.co.jp

楽天Carタイヤ取付というサイトです。

 

このサイトの使い方は次回の記事で詳しく説明しますので、今回は簡単に値段だけを出して比較したいと思います。

 

まずは、タイヤサイズとタイヤ名を指定して検索してみます。

f:id:sere-na:20201012235438p:plain

すると出ました。

f:id:sere-na:20201012235538p:plain

1本3,338円(税、送料込み)

つまり4本で13,352円

 

タイヤ交換の工賃が4本で

f:id:sere-na:20201012235742p:plain

 7,600円+税なので、8,360円

 

次回詳しく説明しますが、ゴムバルブと廃タイヤ代が4本で税込2,090円

 

つまりタイヤ13,352円+工賃8,360円+バルブと廃棄2,090円なので、

 

23,802円!!

 

や、安い!!

 

一応確認しておきますが、最初の3社の最安値は34,700円でしたから

10,898円もお得に交換ができちゃうわけなんです。

じつにT社の価格から30%オフですよ!!

こうなったら1択ですね。

楽天での購入に決定です。

 

しかし、軽自動車の安いタイヤでこの差なんで、大きくて性能がいいタイヤの価格差はもっとあるでしょうね。

他のも比べてみたいとこですが、さすがに自分のタイヤサイズと違うタイヤの見積もりを出してもらうのは気が引けるのでできませんが、例えば4本で10万円くらいのタイヤだったらおそらく3万円くらいの価格差がありそうですね。

 

そんなことで、私はこの楽天でタイヤ交換することにしましたので、次回はこのサイトで購入する際の注意点やポイントなどを解説していきたいと思います。

 

お楽しみに!

 

 

オリジナルデザインのアイテムショップ!!ロンパースなどかわいいデザインがいっぱい!!

suzuri.jp

 

オリジナルLINEスタンプはこちらから!!

store.line.me

 

【関連ショップ】

クールなデザインTシャツはこちらから

suzuri.jp

 

個性派のデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

シュールなデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

 

名前を詩にした世界に一つのオリジナルプレゼントはこちら!