いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

【コラボ企画!】己の結婚式にかけた曲を曝せ!【参加者募集中】

最近の私は、ド変態なロック記事を書く機会が多いのですが、そのド変態記事に変態的に反応してくれた読者様のなかにもっちーさん(id:mocchee)という方がいます。

 

先日、このもっちーさんから


f:id:sere-na:20200802161220j:image

 

このようなコメントを頂きました。

たしかに結婚式の時、けっこう自分で選曲したなぁ、なんてことを思い出しました。

その後何度かもっちーさんとやり取りし、あっという間に一緒に結婚式の曲を紹介する記事をコラボしようという流れになりました!

私自身、こういったコラボは初めての経験で、ワクワクしながらこれから書き進めていくわけですが、まずはきっかけを作ってくれたもっちーさんをご紹介します。

 

節約大好きmoccheeの徒然日記


もっちーさんは私とほぼ同時期の2019年4月に開始したブロガーさん。

音楽からグルメ、お得情報から政治的なことまで幅広く記事にしています。

特に音楽は聖飢魔Ⅱをこよなく愛しており、最近でも記事にされています。

www.mocchee.com

聖飢魔Ⅱのギタリスト、エース清水さんがお気に入りのようで、ときに熱く、ときに涙しながらエース清水さんのことを語るもっちーさん。

真面目な人柄がそのまんま記事にあふれ出してました。

 

そして、もう一記事!

www.mocchee.com

今の若い人たちは知らないかもしれませんが、漫才ブームのころビートたけしさんがたくさんの曲をリリースしていたんですよ!

決して歌がうまいわけじゃないんですが、なんとも味わいのある声と歌い方で妙な色気があったりします。

また、たけしさんは自身で作詞もしているんですが、その中でもこの【夜につまずき】は秀逸!!

もっちーさんがここで取り上げるのがわかりすぎるほど納得できます。

ぜひ皆さんにも聴いていただきたいですね。

 

そんなもっちーさんが私の変態ロック記事をみてくださり、コメントをいただいたことからお付き合いが始まりました。

今回、このような企画へと発展できたことに感謝しています。

 

そして、音楽系記事のコラボならばもう一人誘いしたいお仲間ブロガーがいるともっちーさんに持ち掛け、快くオーケーしてもらいました。

 

そのお仲間ブロガーさんが、この赤兎馬さん(id:sekitoba1007)です。

記事一覧 - 赤兎馬おじさんの足跡 ~経験値のお裾分け~

 

赤兎馬さんは2019年10月から開始したブロガーさんです。

ロック記事はもちろん、ブログのSEO対策やネタ探しのツール、グルメ、子育てなどいろんなジャンルのことを記事にしています。

特に最近の~経験値のおすそ分け~そのままのネタ探しツールなど、ブログを運営するために必要なノウハウのダダ洩れは見逃せません。

sekitoba1007.hatenablog.com

こういった無料ツールを駆使して毎日投稿を続けているんですね。

 

そして、自分で取得した知識を惜しげもなくおすそ分けしてしまうので、私もその日に履いてるパンツの色やスリーサイズなどをうっかり赤兎馬さんに教えないように気を付けているわけです。

 

肝心のロック記事はというと

sekitoba1007.hatenablog.com

こちらに投稿した記事をまとめています。

コロナ禍の6月にはブクマ砲、グーグル砲を立て続けに被弾してました。

羨ましいったらありゃしない。

 

そんな被弾中に、「おめぇっちもドラムやってたんならロック記事を書いてみりゃんせ!」とお誘いを受け、私も何記事書いてみた次第です。

 

今回はこんな3人による初のコラボ企画として【己の結婚式でかけた曲を曝せ!】を書いていきたいと思います。

 

私は実際に自分の結婚式に使用した曲をご紹介しますよ。

果たして変態ロック野郎がどんな曲を選んだのか!?

とくとお楽しみください。

 

f:id:sere-na:20200802174930j:plain

 

 

 まず最初は新郎新婦入場ですが、選んだ曲はこちらです。

Heartsounds   David Lanz

 

www.youtube.com

拍子抜けしたでしょ?

まさか変態ロック野郎が1発目からこうくるのか!って思ったでしょ?

この曲はデヴィッド・ランツのハートサウンドという曲です。

おそらくこのアーティストを知っている人はほとんどいないでしょう。

NARADAというマイナーなレーベルで、当時は置いているお店がほとんどなくて、新宿のバージンレコードのみに細々と置かれていたCDです。

今はネット時代なので、簡単に買うことが出来るようになりましたけどね。

 

ランツはピアノのみのインストゥルメンタルで構成されていて、琴線に触れまくりのメロディが溢れています。

スタジオ収録のオリジナル音源が見つからなかったので、ランツ本人の自宅ライブの演奏をご覧ください。

 

f:id:sere-na:20200814135912j:plain

 

結婚式の入場というと昔の結婚式の定番、メンデルスゾーンの【結婚行進曲】のような華やかな曲を使うことが多いと思いますが、私はこの曲を22歳ころに初めて聴いたときにパーッと結婚式の入場の風景が頭に流れましたんですよ。

なもんで、自分の結婚式はこの曲を使う!と心に決めました。

結局、それから18年経ってようやく結婚できたってわけですね。

いや~長かったww

 

続きましてはこちら

Butterfly   木村カエラ

 

www.youtube.com

木村カエラさんのバタフライです。

この曲はお色直しの為の途中退場に使った曲です。

 

選んだ理由としては、このころの定番の結婚式ソングであったのはもちろんですが、このあと、花束を持って来てくれる役割を頼んだコケコケちゃん(当時年中さんですが、今は中2になりました)が好きな曲で、よく歌ってた曲だったんですね。

 

f:id:sere-na:20200814141318j:plain

コケコケちゃんは私達の結婚式の絵も描いてくれました。

これは、実際に式場の入り口に飾った様子です。

右が私ですが、指には青い指輪が光っていて、名前も「おかじぃ」と書いてくれてるのが見えますでしょうか。

 

場面にマッチしててとてもいい選曲が出来ました。

今でもお気に入りの1曲ですね。

 

 さて、お次は

 

青春の影 TULIP 

 

www.youtube.com

 

こちらは、お色直し中に会場で流れた二人の生い立ちから出会い、結婚にいたるまでの結婚式あるあるビデオのBGMに使った曲です。

 

f:id:sere-na:20200814140703j:plain

 

一番、昭和の香りがする曲ですが、この曲は唯一妻が選んだ曲なんです。

先に言っときますが、妻は私より年下ですよ。

 

どういう経緯だったか忘れましたが、こういうビデオにはこれでしょ!と妻が言い出したので、そのまま使った曲です。

たしかに曲を聴いてるとノスタルジーな感じはするので、昭和のビデオにはぴったり合ってたかなぁって思いますね。 

 

お次は

 

Karma Chameleon Culture Club

 

www.youtube.com

 

お色直しって意外と時間がかかるじゃないですか!

ビデオくらいじゃ間が持たないですよね。

 

となると、当然「しばしご歓談を」ってヤツになるわけで。

そのご歓談中のBGMも式場から提出を求められましてね、そんなにご歓談のときにこれを使ってほしい!なんていう思い入れのある曲なんて、ハッキリ言って皆無なわけです。

 

なので、数曲選んであとはお任せしますみたいなことになったと思うんですが、選んだ曲で覚えているのが このカルチャークラブのカーマカメレオン(邦題はカーマは気まぐれ)です。

若い方も一度は聴いたことがあるんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうかね?

 

なんせ先ほども言った通り、たくさん選曲したので他のは覚えてません。すいません。

 

 

さて、ここからはいよいよ後半戦に突入しますよ。

変態な曲はそろそろかって思ってる頃かな?

 

Viva La Vida Coldplay

 

www.youtube.com

 

お色直し後の再入場で使った曲です。

最初は再入場の曲にピンと来なくて、どの曲にしようかずっと悩んでいたんですが、式場のプランナーが今まで使った曲を色々と出してくれた中の1曲です。

 

それまでにも聴いたことはあったんですが、コールドプレイというグループだということをこのとき始めて知ったわけです。

直感で即決しましたね。

「これでいこう!」って。

 

f:id:sere-na:20200814142214j:plain

 

さきほども書きましたが、お色直し入場後に花束を持って来てくれたコケコケちゃんとの3ショット!

 

結果的にはシーンにピッタリでしたので、これから式をする予定の人とか式をする妄想してる人にはおススメしたい1曲ですね。

 

ちなみに、この花束贈呈の時に流した曲なんですが、メロディは憶えているのに、曲名がわからず残念ながらご紹介できませんでした。

アプリなども使って必死に探したんですが、どうしても分からずじまいです。

もしわかったら。、また追記しますね。

 

さて、お次はと・・ 

 

Return To The Heart  David Lanz

 

www.youtube.com

 

再び、デヴィッド・ランツの登場です。

妻から両親への手紙の場面で使いました。

この曲も先述のハートサウンドと同じく22歳ころに聴いて、結婚式で使おうとあっためていた曲です。 

このリターントゥザハートは私が大好きだった【演劇集団キャラメルボックス】のカレッジオブザウィンドという戯曲で使われていた曲なんですよ。

 

こういうピアノ曲ってなんだか聴きいってしまったりしませんか?

きっと、今聴いた人の中にもズッキュンされちゃったって人がいるんじゃないですか?

 

f:id:sere-na:20200814142950j:plain

 

ちなみに、妻は自分で書いた両親への手紙を読んでません。

というのも、結婚式で両親への手紙を泣きながら読む、お涙ちょうだいシーンは自分らしくないと言って司会の人に読んでもらいました。

人情深い人なんですが、そういうドライなとこも持ち合わせてるアンニュイな妻なんですね。

 

さぁ、最後になりますよ!

 

Honestly  Stryper

 

www.youtube.com

はい!やっとハードロック系が来ました!

といってもバラッドですけどね。

ストライパーのオネストリーという曲です。

最後の新郎新婦退場で使用しました。

 

f:id:sere-na:20200814143253j:plain

 

この曲もどうしても使いたくて、プランナーさんにリクエストしたんですが、曲のストックがなかったため、このためだけに自腹でCDを買ったという曰く付きの1曲です。

 

MVはアナログのままなのでひどいもんですが、美声は伝えることが出来ていると思います。

よろしかったら、こちらも是非使っていただきたい1曲ですね!

 

一通り自分が結婚式で使った曲をご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

変態な曲がなく、期待外れですいません。

さすがに結婚式で冒険はできませんでしたが、どれも思い入れが詰まった曲になっています。

これから式を挙げる方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

今回は初めてコラボってみました。

タイトルにもあるように随時参加者を募集してますので、結婚式の思い出の曲やおススメ曲、カラオケで歌った曲なんかをご紹介してもらいたいと思っています。

気が向いた方、どうぞよろしくお願いします。

 

 

もっちーさんのコラボ記事はこちら

 

www.mocchee.com

 

赤兎馬さんのコラボ記事はこちら

 

sekitoba1007.hatenablog.com

 

 

コラボ企画に参戦してくださったブロガーさんの紹介

 

KOHARUさん(id:komekichikun

komekichikun.hatenablog.com

 

み空(ミソラ)本舗さん(id:kurashiami

kurashiami.com

 

Chocolaさん(id:A-hanoi

a-hanoi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

オリジナルデザインのアイテムショップ!!ロンパースなどかわいいデザインがいっぱい!!

suzuri.jp

 

オリジナルLINEスタンプはこちらから!!

store.line.me

 

【関連ショップ】

クールなデザインTシャツはこちらから

suzuri.jp

 

個性派のデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

シュールなデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

 

名前を詩にした世界に一つのオリジナルプレゼントはこちら!