いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

【レビュー】シャワーヘッドを節水シャワーに交換してみました! 交換方法も簡単でおススメですよ!

2012年に新築で購入した我が家も早いもので、8年が経とうとしています。

 

8年も経つといろんなところにガタが出始め、チョコチョコとメンテナンスが必要になってきました。

 

まだ屋根や壁の塗り替えなどの大掛かりなメンテナンスは行っていませんが、少しずつ部品を交換してメンテナンスを行っていこうと思っています。

 

今回行ったチョコチョコメンテナンスはシャワーヘッドの交換です。

交換の理由は、お湯が出る穴(吐水口)の一部が目詰まりし、体まで届かずポタポタと落ちるようになったのと、会社の上司に節水型に変えると水道代だけでなく、ガス代の節約にもなると聞いたからです。

 

そして、選んだ節水型のシャワーヘッドがこちら

アラミック 節水シャワープロ・プレミアムST-X3Bです。

 

まだ交換してあまり日が経っていませんが、実際の使用感を含めて、今回はこちらの商品をご紹介していきます。

 

f:id:sere-na:20200223004551j:plain

ただ、残念ながらダメブロガーあるあるで、交換した数日後に「これ、記事にできたじゃん!」と気づいたので交換作業中の画像がありません。

なので、これを購入したネットショッピングのページの画像を使いながらの説明になることをご了承ください。

 

商品について

こちらの商品は、今はやりの節水型のシャワーヘッドになります。

f:id:sere-na:20200218221840j:plain

最大で60%の節水効果があり、肌に当たる感覚もシルクのような柔らかさが特徴です。

 

水量(節水効果)

このシャワーヘッドには水量を調節するつまみがついています。

 

f:id:sere-na:20200218221922j:plain

画像のようにハード(H)につまみを合わせると水量が多くなり、逆にソフト(S)に合わせると水量が少なくなります。

おそらく(S)に合わせたときに最大の60%節約になるんでしょうが、使ってみた感じでは水量が少ないため水圧が低いので、シャンプーの時に使用すると毛量が多い女性では、頭皮までしっかりと水が届かないと思います。

 

なので、短髪の男性なら最大の60%節水の【S】で使用できると思いますが、ロングヘアーの女性なら中間に合わせるか【H】にしないと、水量が足らず結局シャワーを使う時間が長くなるので節水効果を得るのは難しいと思います。

 

肌ざわり

もう一つの特徴である肌ざわりですが、下の画像で確認していただきたいのですが、吐水口の穴が非常に小さく、数が多いのがお分かりいただけると思います。

f:id:sere-na:20200218221917j:plain

この構造により、文字通りシルクのような滑らかさの肌ざわりを実現しています。

以前使っていた純正のシャワーヘッドは吐水口の穴が大きく数が少なかったので、一般的に水を多く使わない時間帯(17時とか23時)に使うと水圧が高いので、バチバチと肌に当たって痛く感じることがありました。

 

しかし、このシャワーヘッドはそういった時間帯に、つまみをハード【H】で使っても全く痛くありません。

皮膚が薄い子供に使っても一度も痛いと言われたことがありません。

以前のシャワーヘッドの時は「痛いから弱くして」と言われたことがありましたので、小さなお子さんがいるご家庭には特におススメしたいと思います。

 

取り付け

取り付けも簡単で女性でもすぐに取り付けることが出来ます。

今ついているシャワーヘッドを根元から反時計回りに回します。

するとシャワーヘッドのみが簡単に外れます。

 

あとは新しいシャワーヘッドを時計回りに止まるまで回すだけ。

f:id:sere-na:20200218221903j:plain

取り付けの際に、サイズが合わない!

という方もいるかと思いますがご安心下さい。

この商品には3種類のアダプターが付属されています。

このアダプターを使用するとこでほとんどのメーカーをカバーすることが出来ます。

 

我が家のバスルームはトクラス(旧YAMAHA)ですが、アダプターなしで交換することができました。

 

なので、日本ではあまりメジャーではないメーカーのバスシステムを使用していて、購入する際に不安があるかたのみ事前に購入先にお問合せしていただければいいと思います。

f:id:sere-na:20200218221909j:plain

商品の中には返送用の封筒が同封されているので、使わなかったアダプターは製造元にきちんと返送するようにしましょう。

 

ストップ機能

このシャワーヘッドにはシャワーを持ったまま止水と通水が切り替えられる【安心ストップ機能】が付いています。

そのため、泡だらけの手で蛇口を触る必要がなく、清潔に保つことが出来ます。

f:id:sere-na:20200218221926j:plain

この機能はシャワーヘッドを設置して、蛇口を開けたときに初めて機能します。

そのため、取り付け前のシャワーヘッドを持つと中からカラカラと部品が取れているような音がして、止水と通水の切り替えボタンもカチッとしていませんが問題ありません。

私自身もこの段階では不良品だと思っていましたが、設置し蛇口を開けるとカラカラ音はなくなり、切り替えボタンもしっかりと固定されるようになります。

 

まとめ

以上の点を踏まえて、長所と短所をまとめてみたいと思います。

長所

  • 水量の調節ができるので、使う人によって強弱をつけられる
  • 水の肌触りがやわらかいので、子供に抵抗なく使える
  • ストップ機能がついているので、手元で水を止めたり出したりできる

 

短所

  • ソフトにすると、水量が少ないので毛量が多い人の頭皮までは水が届きにくい
  • 握る部分が円形なので、手に泡が付いていると、滑って吐水口を自分の方に向けにくい

 

短所の2つ目を上記で触れなかったので少し解説をします。

 

シャワーヘッドの持ち手の部分が楕円形ではなく、円筒形なので、手に泡がついていると滑ってしまって、吐水口をうまく自分の方に向けられないことがあります。

以前まで使っていたシャワーヘッドは持ち手が楕円形だったので、滑ることなくしっかりとシャワーを当てたいところに向けることができました。

この商品の大きな短所はこの形状くらいかな。メーカーさんには是非、この持ち手の形状を再検討していただきたいと思います。

 

ガス代と水道代については、まだ使い始めてからの請求書がきていないのでなんともいえません。

もし、来たとしても生活していく上でガスも水も色々と使いますので、どこまで比較できるかは疑問ですけどね。

 

持ち手に短所はありますが、トータルとしてはコスパや肌触りなどを考えると購入してよかったと思える商品です。

 

みなさんもシャワーヘッドか目詰まりして、そろそろ買え時かなって思ったかたは候補の1つとしてご検討してみてください。

 

 

※あくまで個人で使用した感想になりますので、使用感が自分の感想と違っていても苦情やクレームには一切応じられませんのでご了承ください。

 

以前のレビュー記事

アロマ梅酒

www.imasaraoyaji.com

 

ケルヒャー

www.imasaraoyaji.com

 

錫タンブラー

www.imasaraoyaji.com

 

 

前回記事

www.imasaraoyaji.com

のブクマより

 

アメリッシュ(id:funyada)さん

まさかアメリッシュさんが録画とは意外でした。なかなか定期的に時間を取るって難しいですよね^^;

 

もふもふ(id:tmofumofu)さん

やっぱり観てましたか^^そりゃそうですよね。0655は息子も大好きで朝起きてくると私が情報番組を観てても必ず変えちゃいます。ねこねこ55は初耳です。今度チェックしておきますね^^

 

塾パパ(id:jukupapa)さん

ねこねこ日本史は子供にはいいと思いますよ。ウチの息子もかなり名前は憶えてきました。中身を理解するのはこれからですが^^;

 

チップ(id:chip39)さん

3歳くらいまではEテレなしでは大変ですよね^^;おかあさんといっしょはメンバーがフルモデルチェンジしましたよ。

 

ダメラボ(id:imbroke)さん

風呂場のテレビは標準なので、全然リッチじゃないんです^^;石橋貴明が出ていたのはメジャーリーグ3なので、その前の作品のときなんですよ。

 

え~ちゃん(id:A---chan)さん

どうしても末っ子ってそうなりますよね^^;私も末っ子なので、よくわかります。次男は自分にそっくりなので、怒ることも多いですね。

 

あべちゅわ(id:kumabe22)さん

いや、固定でくっついているテレビですよ^^

 

どるどる(id:dorudoru898)さん

ピタゴラスイッチは本当に面白いし、感動するし感心します^^

 

ashintakun(id:ashintakun)さん

ピタゴラスイッチ、私が子供の時から放送していてほしかったとつくづく思いますよ^^

 

ヒロニャン(id:jzc01651)さん、ブクマ、読者登録ありがとうございました。

 

だらけかあさん(id:darakekaasan)さん

けん(id:academij)さん

リタ(id:dq10ritata)さん

赤兎馬(id:sekitoba1007)さん

どれみ(id:goninrokkyaku)さん

読者登録ありがとうございました。