いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

関東の三大イルミネーション! さがみ湖イルミリオン(さがみ湖プレジャーフォレスト)に行ってきました!!

800M走には、給水ポイントが2か所必要です。

おかじぃです。

 

さて、

年が明けて2週間ほど経ちますので、すっかりクリスマス気分などありませんが、今更ながらイルミネーションを見にさがみ湖リゾートプレジャーフォレストに行ってきましたので、ご紹介します。

www.sagamiko-resort.jp

普通、イルミネーションと言えばクリスマス時季ですが、イチャコラしてるカップルを見るとジェラってまうのと、混雑を避けたいのとで、毎年クリスマスを外して行くようにしています。

 

一緒に行ったのはイツメン(いつものメンバー)と呼んでいる、ウチを含めた3家族です。

昨年は一緒に行ったお手軽キャンプと桃狩りを記事にしました。

 

キャンプ➀

www.imasaraoyaji.com

キャンプ➁

www.imasaraoyaji.com

桃狩り

www.imasaraoyaji.com

 

今年もいろいろ行動を共にすると思いますので、そのときにまた記事にしたいと思います。

f:id:sere-na:20200114214430j:plain

 

関東三大イルミネーション

関東の三大イルミネーションというのをご存知でしょうか。

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローという組織が2012年から毎年認定しているものです。

今回行った、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは2018年に関東三大イルミネーションに認定されました。
では、他の2つはどこかというと一つは、同じ神奈川県の藤沢市にある江ノ島湘南の宝石で、もう一つは栃木県のあしかがフラワーパークになります。

www.ashikaga.co.jp

enoshima-seacandle.com



地元の神奈川県が2つも選ばれるのは嬉しいことなんですが、個人的には千葉県にある東京ドイツ村がとてもキレイで印象に残っています。


え?どこだかわからないって? 

 

もう一度言いましょう。千葉県にある東京ドイツ村ですよ!
初めて聞いた人には何がなんだかわからないかもしれませんが、千葉にある東京ドイツ村です。

t-doitsumura.co.jp



名前はギャグっぽいですが、イルミネーションは本当にキレイですし、敷地が広く子供だったら一日中遊べるのでこちらも是非一度行かれることをオススメします。

 

さがみ湖イルミリオン2019-2020

アクセス

お車の方

①中央自動車道の相模湖インターチェンジから国道20号線・国道412号線を相模原、厚木方面に向かって15分

②圏央道の相模原インターチェンジから国道412号線を甲府方面に向かって15分

のところにあります。

 

電車・バスの方

➀JR中央線の相模湖駅から8分

➁JR相模線・JR横浜線・京王線の橋本駅から40分

いずれも神奈中バスでプレジャーフォレスト前で下車してください。

 

 

相模湖イルミリオンの営業期間と営業時間

f:id:sere-na:20200113220841p:plain

イルミリオンの営業期間は2020年は4月5日までです。16時から入場できますが、時期によって点灯開始時間が異なりますので、注意してください。

3月くらいになると、天候にもよりますが18時くらいが点灯目安ですので、閉演時間の21時30分までは3時間30分しかありません。

 

 料金

f:id:sere-na:20200113221555p:plain

f:id:sere-na:20200113221614p:plain

イルミリオンだけでなく、さがみ湖プレジャーフォレストを昼間から楽しみたいという方は入場料1,800円かフリーパス4,300円で入場しておけば16時からのイルミリオンは追加料金なしで楽しむことができます。

 

このほかに乗用車の方は駐車料金が1,000円かかります。

 

いざ!出発!

さがみ湖は神奈川県の中でも山梨県に近く、ダムがあるくらいですから山間部に位置しています。

そのため非常に寒い!

昨シーズンは2018年11月に同じメンバーで来たのですが、特に寒い日にぶつかってしまい、みんなでガタガタ震えながら回りました。

 

なので、今年はダウンジャケットの下にはセーターと長袖Tシャツ。

さらにTシャツとズボンの下にはヒートテック。

さらにさらに、ヒートテックの下には、最近では夏でも脱げないミートテックを着込んでいるので防寒対策はバッチリです。

 

f:id:sere-na:20200113223428p:plain

夏はとんでもなく暑いですが

 

 

本当は16時の営業開始から入場したいところでしたが、諸々の都合により18時頃に到着しました。

 

正面ゲートで1,000円を払いいざ!駐車場までの渋滞との闘いが待ってるかと思いきや・・・

 

( ,,`・ω・´)ンンン?    

あれ?

なんか空いてる・・・?

 

昨シーズンは入場のピークに来てしまったようで、とんでもなく遠い駐車場に回され、シャトルバスで会場まで行くくらい混んでましたが、今年は駐車場にはかなりの余裕があり、グングン入場ゲートのほうに案内されます。

拍子抜け。

 

入場ゲートまで200mくらいの近い位置に停められました!!

早速準備し入場ゲートに向かうと・・・

 

ナニあれ?

 

なにやら前回と違う景色が。
f:id:sere-na:20200113200634j:image

今までは光のトンネルのような長~い階段を上って入場ゲートに向かいましたが、今年はなんと!エレベーターで上がれます。

 

3家族14人+ベビーカーが一度に乗れるものが2基。

さすが関東三大イルミネーション認定ともなると違いますね。ガッポガッポのようです。


f:id:sere-na:20200113200651j:image

カラーも虹色できれいです。

 

エレベーターを降りると、入場ゲートまでこの橋を渡っていきます。

楽ち~ん♪

写真はブルーのライトですが、いろんな色に変化してここだけでもキレイですよ。
f:id:sere-na:20200113200724j:image

橋を渡った先に入場口とお土産の売店が一緒になったプレジャーステーションがあります。

ここでチケットを買い、ステーションを抜けると 

 

こちらのイルミリオンの入場ゲートが出迎えてくれます。
f:id:sere-na:20200113200804j:image

写真だと伝わりにくいですが、音楽や周りの人たちのウキウキ声でいやがうえにも期待が高まります。

 

それでは入ってみましょう!

 

ゲートをくぐって緩い坂道を上ると左側に【光のお花畑】エリアがあります。
f:id:sere-na:20200113200954j:image
f:id:sere-na:20200113225646j:image
f:id:sere-na:20200113225704j:image
花だけでなく、地面に小さな電球を散らすことで、花が引き立っていますね。

そして右側には【光の海】エリアがあります。

f:id:sere-na:20200113200845j:plain

本当は光のボールなどが海の中に設置されてたりしたんですが、そこは子連れの悲しさ。なかなかゆっくり撮らせてくれませんので、写真がありません。ごめんなさい。

向こうには山頂に行くための後で乗るペアリフトが見えます。

 

坂の中腹に来ると少し広いエリアが見えてきます。

これは【光のアクアリウム】というエリアです。
f:id:sere-na:20200113201029j:image
f:id:sere-na:20200113201042j:image

長いイルミネーションを何本も垂らすことで、立体感がでていて目を奪われます。

子供たちも上を見あげて大はしゃぎです。

下の方で手を挙げて光っているように見えるのは子供じゃありませんよ。

 

ここのエリアは毎年変化があり、以前来たときは宮殿のような電飾で3方を囲み、音に合わせて光り方が変化するエリアでしたね。

そっちの方が個人的には好きだったんですが、変化をつけて毎年来る人に飽きさせないようにしているんでしょう。

頭が下がります。

 

アクアリウムを後にすると長~い光のトンネルに入ります。
f:id:sere-na:20200113201124j:image

後姿は一緒に行った面々です。

一番手前でリュックを背負ってるのはウチの長男、小学2年生のこーこー

隣のちっちゃいのがこのブログにもたびたび登場するお隣のギャルママ【カシカシ】の4姉妹の末っ子ちゅーちゅーです。

実は二人はとっても仲良しでいつも一緒にいます。

家の前で外遊びをしていても二人でいることが多いんですよ。


f:id:sere-na:20200113201135j:image

青や黄色、緑など、順を追って色が変わるんですが、正直言って私はこのエリアがちょっと苦手です。

上の写真でわかると思いますが、青のエリアはトンネル内の空気全体が青く、緑はエリアは全体が緑になる感じなので、ちょっと体調不良を起こしました。ちょっとドぎつい。

帰ってからハンディで録画した動画を見たら完全に酔ってしまいましたよ。

行かれる方は注意してください。

 

やっとの思いでトンネルを抜けると下り坂の【光の動物園】エリアに入ります。

f:id:sere-na:20200113232407j:plain

f:id:sere-na:20200113232416j:plain

f:id:sere-na:20200113232421j:plain

この他にも、ライオンやパンダ、トラ、象などたくさんの動物が並んでいますので、小さいお子さんが喜ぶエリアだと思いますよ。

光の動物園を抜け、坂を下りきるとリフト乗り場があります。このリフトに乗って山頂をめざします。

ちょっとわかりずらいですが、山頂には右の木の奥に見える観覧車などがあります。
f:id:sere-na:20200113201215j:image

 

リフトは往復で700円かかります。

0歳からペットに至るまで700円かかります!!
f:id:sere-na:20200113201229j:image

残念ながらピンボケしていますが、この足元のイルミネーションは物凄く綺麗なんですよ!!

動きがあるので動画を載せたいんですが、はてなブログは動画が載せられないんですよね。 残念。

 

 山頂にはピッカピカの観覧車があります。

f:id:sere-na:20200113233444j:plain

この観覧車は600円かかります。

なので、上の料金表をみてもらうとわかるんですが、入場料が1,000円、リフト700円と観覧車600円で合計が2,300円かかりますので、アトラクションを考えている方はナイトフリーパス2,600円がおススメです。

ただ、12月の繁忙期には観覧車をはじめ、人気のアトラクションは1時間以上待つことも多いので、混雑状況をよく調べてからチケットを選ぶ方がいいと思いますよ。

 

観覧車は山頂にあるので、イルミリオン全体を見渡すことができます。

右の手前から【光のアクアリウム】、真ん中の青が【光の海】、ピンクが【光のお花畑】、左下のレインボーがペアリフト、緑が【光の動物園】です。

真ん中あたりに2019年に初お目見えした気球が見えますね。
f:id:sere-na:20200113201342j:image

この観覧車からの景色が見たくて毎年来ていると言っても過言ではないくらい綺麗です。

 

観覧車を後にし、小学生の高学年や中学生は絶叫系の【極楽パイロット】と【大空天国】に乗ります。


さがみ湖イルミリオン|極楽パイロット


さがみ湖イルミリオン|大空天国

 

若いころは絶叫系も高いところも比較的に大丈夫だったんですが、年を取るにつれて苦手になってくるのはなぜなんでしょ?

 

友人曰く「年をとると自分の運動神経に自信が持てなくなるから、本能的に怖くなるんじゃないの」

だそうですが、そうなんでしょうか。

 

観覧車とアトラクションを終えて、再びリフトで下りてきます。
f:id:sere-na:20200113201402j:image


下りてから、パディントンタウンでしばらく遊んだらもう9時です。

唯一、屋内でご飯が食べられるワイルドダイニングでの食事をあきらめて、【光と音楽の街】エリアにある屋台のようなところでポテトやらうどんやらを食べて帰宅となりました。

 

さいごに

 

 営業開始の16時頃から来ていれば、今年初お目見えの【ファンタジーウォーク】なども行けたかなぁってちょっと後悔。

 

まぁ、みんなで行動するときには仕方がないことですがねww

 

 

それにしても、これだけの規模のものを毎シーズン変化をつけて、飽きさせないのは大変な努力がいることでしょう。

本当にすごいことです。

 

皆さんもぜひ神奈川県にお越しの際には相模湖プレジャーフォレストまで足を運んでみてください。

 

 前回記事

www.imasaraoyaji.com

 

 

 

オリジナルデザインのアイテムショップ!!ロンパースなどかわいいデザインがいっぱい!!

suzuri.jp

 

オリジナルLINEスタンプはこちらから!!

store.line.me

 

【関連ショップ】

クールなデザインTシャツはこちらから

suzuri.jp

 

個性派のデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

シュールなデザインTシャツはこちら

suzuri.jp

 

 

名前を詩にした世界に一つのオリジナルプレゼントはこちら!