いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

映画【グランブルー】をパンフレットを使って紹介しますよ。

 読者登録させていただいているダメラボ(ID:imbroke)さんの記事に映画紹介が多くあり、読んでいるうちに自分が見た映画を振り返りたい衝動にかられ、実家にあった映画や芝居のパンフレット持ち帰ってきました。

 

f:id:sere-na:20190706232906j:plain

 

 適当にいくつかを並べてみました。

 

 数えてみると、映画のパンフレットは1990年代初期を中心に64冊。

 

 あれ?もっとあったはずなんだけど・・・。

 

 友達に貸したままになっていたり、捨ててしまったりなのかな?

 

 まぁ、ないものはしょうがないので、あるものを少しずつご紹介してみたいと思いますので、お付き合いください。

 

 

グランブルー

 1発目の今回はフランスのリュックベッソン監督の【グランブルー】です。

         f:id:sere-na:20190706233520j:plain

 

 保存状態が悪いですね。

 

 適当に本箱につっこんであったので、当然と言えば当然ですが。

 

 グランブルーは伝説のフリーダイバー【ジャック・マイヨール】がモデルになっています。

 

 完成時は168分の映画でしたが、1988年の初公開時には132分にカットされ、日本公開時はさらに12分カットされた【グレートブルー】というわけが分からない編集と邦題で公開されました。

 

 その後、徐々に映画の人気が高まり1992年に完全版の【グランブルー】として日本でも公開するにいたりました。

 

 パンフレットはその時のものです。

 

登場人物

ジャック・マイヨール

 物語のモデルになった伝説のダイバーです。1976年に人類初で初めて素潜りで100メートルのダイビングに成功した人物で、残念ながら2001年に自ら命を絶ってしまいました。

 

 この役を演じたのが、ジャン=マルク・バールというドイツ生まれの俳優です。

    f:id:sere-na:20190707000315j:plain

 

 

 私は、この作品でしか彼を知りません。他で名前を聞いたこともなければ見たこともありません。

 

 なので、次にいきます。

 

エンゾ・モリナリ

 モリナリは、ジャック・マイヨールのライバルのダイバーです。

 

 このライバルの存在がいろんな意味で映画をかなり面白くしています。マイヨールには強気でオラオラいくんですが、母親にはめっぽう弱く、ピシッと言われると縮こまっちゃう性格と強面とのミスマッチがなんとも言えないいい味を出しています。

 

 わかりやすくいうと、のび太には強いが母ちゃんにはいつも怒られているジャイアンのようなキャラと言えば誰でもわかるでしょう。

 

 この役を演じたのが、ご存知の方も多いと思いますがジャン・レノです。

  f:id:sere-na:20190707000731j:plain

 

 ジャン・レノは【レオン】や【ミッションインポッシブル】などが有名ですが、この作品が出世作になったのは間違いないでしょう。

 

 この作品の6年後に【レオン】に出演し、更に2年後に【ミッションインポッシブル】に出演してるんですから。

 

ジョアンナ・ベイカー

 映画には欠かせない主人公を波乱に陥れるヒロイン。

 

 仕事先のペルーで知り合ったマイヨールを追いかけ、フリーダイビングの競技会に足を運び、エンゾをからめたややこしい関係に発展していく女性。

 

 このヒロインを演じたのがロザンナ・アークェットです。

   f:id:sere-na:20190707003522j:plain

 

 この女優さんもこの作品でしか知らなので、詳しくは紹介できません。ごめんなさい。

 

 

 

最後に

 懐かしくパンフレットを見ていたら、最後のほうにこんな広告を見つけました。

     f:id:sere-na:20190707004343j:plain

 懐かしの三菱ミラージュ!!

 

 1500CCで898,000万円!!いまどき軽自動車でも100万円を超えるのに、ナイスプライス!!

 

 金利がなんと8.8%!!まだバブってますねぇ~

 

 今は装備が付きすぎちゃってこんな値段の車はありえなくなっちゃいましたね。

 

 そして上にいるお二人わかりますか?

f:id:sere-na:20190707004807j:plain

 

 左が深津絵里さんで、右が福山雅治さんですよ!!

 

 いや~、若いっすね。

 

 やっぱり、のちに名前が売れる人は無名時代にもこういうところに足跡を残しているんですね。

 

 そして、次のページは

f:id:sere-na:20190707005202j:plain

 

 まだ宝塚に所属しているころの天海祐希さんです。

 

 髪型に時代を感じざるをえませんですね。

 

 でも、とっても素敵さんです^^

 

 

 20年以上前のパンフレットは、さながらタイムマシンのように当時を思い出させてくれました。

 

 少しずつ見ていきますので、また懐かしい広告などを発見したらご紹介させていただきます。