いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

楽天市場ヘビーユーザーならコレ!! おススメクレジットカード その② 楽天カード

おススメクレジットカード第2弾!!!

楽天カード!!

 

 私が社会人になったころ、日本はバブル経済が崩壊し学生さんがカードで自己破産しているのを見て「クレジットカードってのは怖いもんだ。絶対に使うのはやめよう」と心に決め、ずっと現金主義を貫いてきました。

 ところが10年ほど前にクレジットカードを知り、使い始めるとこれほど便利でお得なものはない!!と悟り、今ではコンビニの100円コーヒーまでクレジットカード払いをするまでに心変わりしました。 

 時代が変わり、キャッシュレス化が進み政府が消費増税分の2%をクレジットカードのポイントで還元する政策まで出てくるほどクレジットカードは私たちの生活に浸透してきましたね。

 その消費増税を半年後に控え、準備がまだ済んでいないかたのためにおススメのクレジットカードをご紹介します。

 

f:id:sere-na:20190421234522p:plain

 

 

楽天カード

 

楽天カードのメリット

入会金・年会費無料

 基本的なところですが、年会費は無料です。入会金も無料の上に入会すると5000ポイントもらえます。

 ただし、ここで注意したいのは入会時にもらえるポイントは2000ポイントのみで残りの3000ポイントは初回利用した次月の20日ころということ。つまり、作っただけでは2000ポイントしかもらえませんので、100円でもいいので必ず一度は使ってください。

 ※よくキャンペーンで「いまなら入会で7000ポイントプレゼント!!」とコマーシャルでやっていますが、その場合は初回利用後のポイントが3000ポイント→5000ポイントになります。

 

発行の審査が緩い

 入会資格は満18歳以上で高校生以外の収入がある人であれば、誰でもカードを発行することができます。

 主婦やアルバイトをしていない大学生であれば通常は「収入がない人」、と判断されそうですが、家族に収入があれば問題ありません。

 このあたりが「今、最も使われているカード」になった理由でしょうね。

 ホームページなどから正常に申し込みを行えば、審査結果がメールで届きおおよそ1週間くらいで郵送されてきます。

 

ポイントを貯めやすく使いやすい

 楽天市場で買い物をする際、通常1%の楽天ポイントがもらえますが、楽天カードで支払いをするだけでポイントがプラス2%つき、アプリから買い物をすると1%つくのでこれだけで4%のポイント還元になります。

 

 さらに楽天銀行の口座をお持ちの方は、カードの引き落とし口座を楽天銀行にしておくだけで1%つきますし、「0の日・5の日」は楽天市場で買い物をするとポイントが5%アップしますので、通常ポイントを含めると10%近くなります!!

 

 また、楽天市場に限らず路面店でもポイントを貯めることができます。ほんの一例ですが、

 

f:id:sere-na:20190422214932p:plain

 食事、ドラッグストア、ガソリンスタンド、ホームセンター、スポーツ用品、家電と幅広い分野がカバーされていて、ポイントを貯めやすくなっています。

 しかもこれらのお店では、楽天カードで支払いをしなくてもカードを提示するだけでポイントがもらえるので、支払いを別のカードで行えば二重でポイントを獲得することができます。

 もちろんこれらのお店では楽天ポイントを1ポイント=1円で支払うことも可能です。

 

楽天カードのデメリット

 ETCカードに年会費がかかる

 楽天カード自体は無料なのですが、ついでにETCカードも発行しておこう!!なんて簡単に申し込むと年会費が500円(税抜き)かかるのを後から知って、

f:id:sere-na:20190422225439p:plainってことになるので注意してください。

 

 どうしても楽天カードでETCカードを作りたい!!という場合は無料で発行する方法もあります。それは楽天カードをゴールドカードで発行すればETCカードは無料で発行することができます。

 ただし、楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税抜き)かかりますので、月に1万円以上楽天市場を利用する方以外は無料の楽天カードをおススメします。

(楽天市場でゴールドカードを使用すると無料のカードよりポイント還元が2%多いので、月に1万円買い物をすると年に2,400円のポイント還元があり、年会費をペイできる)

 

期間固定ポイントが多い!

 2016年から開始されたSPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)で付与されるポイントの多くは期間固定ポイントとなっており、失効日に追われてたいして必要でないものまで買ってしまったり、ポイントで足りない分をカード支払いで足して買ってしまったりと、とにかく買い物に追われる負の連鎖に陥ってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 少額の余ったポイントの使い道については、

www.imasaraoyaji.com

こちらの記事にご紹介していますので、よろしければ覗いてみてください。

 

まとめ

 もちろんデメリットもありますが、全体的には使いやすいカードと言っていいと思います。年会費無料でポイントを貯めやすく、街中でもポイントをそのまま使える点などは高く評価できます。

 

 やはり、楽天市場を利用するときにはマストのカードだと思いますし、様々なジャンルの路面店でポイントが貯まるのもありがたいので、年会費も無料ですし2枚目3枚目のカードとして持っておくことをお勧めします。

 

 カードを申し込むタイミングも重要です。急ぎでなければ7,000~8,000ポイントをもらえるとき(通常は5,000ポイント)に申し込むようにしましょう。

 

最後に

 以前、エポスカードをご紹介したときにもお願いしましたが、くれぐれも守ってほしいのでもう一度載せておきます。


 いまさらオヤジからのお節介ですが、クレジットカードは適切に使うとこれほど便利でお得なものはないと思います。
 しかし、使い方を間違えるととんでもないことにもなります。クレジットカードを使う際は次の3点を必ず守ってください。(特に若い方は^^;)



①絶対にキャッシングをしない!!



②絶対にリボ払いをしない!!



③絶対にカードローンを組まない!!



 大げさかもしれませんが、利息を払っていいのは家と車だけだと私は思っています。


 キャッシングやリボをしなければ手に入れられないものは、今の自分には分不相応だと思ってください。


 コツコツとポイントを貯めて買いましょう。せっかく貯めたポイントを利息で使うのはバカバカしいし、貯めたポイント以上を支払う羽目になります。


 私がお得な生活をしたい全ての方に提案したい、クレジットカードポイント、ショッピングサイトポイント、ポイントサイトの、ポイントトリプルゲットは利息を払うためのものではありません。欲しいものを手に入れるために使ってください。

 皆さんが有意義なポイント生活を送れるよう願っております。


 長文に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。