いまさらオヤジのポイ活日記と雑記

アラフィフオヤジのポイ活奮闘記と雑記のブログ

【ガン50%保証団信が無料で付帯される】じぶん銀行住宅ローンは今一番おススメの住宅ローンです!!

住宅ローンがまだ20年以上残っている方、これからお借り入れを検討中の方必見!!絶対得するおススメの銀行!

 

f:id:sere-na:20190323234143j:plain

f:id:sere-na:20190323234733p:plain

 


じぶん銀行住宅ローンの特徴

 現在既にお借り入れをされている方、これからお借り入れをご検討中のかたの多くは変動金利をお考えだと思います。

 なぜじぶん銀行をおススメしたいか、ひとつずつご紹介したいと思います。

 

業界トップクラスの低金利

 この、年0.457%という金利は他の銀行と比較してトップクラスであることはまちがいありません。しかしなぜここであえて「最安」ではなく「トップクラス」としたか・・・。それは、金利だけをみれば他にもう少し安い銀行があるからです。

 ただ、最安の銀行との差はほとんどなく、特典をみればどちらがお得かはすぐにわかると思います。

 

申し込み手続きが簡単

  1. 申込み書類はスマホなどで写真を撮ってアップロードするだけで済みます。切手を貼ってポストに投函する手間はありません。
  2. すべてネットからの申し込みだけで済みますので、アポを取って銀行に出向き担当から言われるがままに何枚も同じような書類を書くことはありません。(一度お借り入れをしたことある方はご存知だと思いますが、何枚も何枚も自分の名前を書いてハンコを押すのって結構しんどいですよね)

 

f:id:sere-na:20190324003344p:plain

 

充実の保障

 この銀行の一番のおススメポイントはここからです!2019年3月から保証がさらにパワーアップしていますので絶対に逃さないでください!

団体信用生命保険(一般団信)

 これは、どの住宅ローンにも当然付いてくる当たり前の保険でローン返済者が死亡した場合、銀行がすべての残高を支払ってくれる制度ですね。簡単に言うと主人が死んでしまったら住宅ローンが全額チャラになるってことです。これだけでも残された家族にはありがたい話だと思います。

 

f:id:sere-na:20190324223354p:plain

がん50%保証団信

 しかし、じぶん銀行はここからさらに、ガンと診断された時点で残額の半分が保険金として支払ってもらえる「ガン50%保証団信」が無料でついてくるんです!!

 これも平たく言うと、日帰り入院で手術をすれば完治するような初期ガンでも医師の診断書があれば、残りのローンが半額になるってことです。

f:id:sere-na:20190324230336p:plain

 つまり、保険料0円でがん保険に入れるようなものですよね?私自身、4年ほど前に最初に借り入れた銀行からじぶん銀行への借り換えを検討したのは、この制度を知ってからでした。どの銀行のHPにもあると思いますが、返済のシミュレーションをしたら、借り換えの事務手数料を含めて返済額はほぼ変わりませんでした。

 それならば、借り換え手続きにひと手間かかるかもしれないが、じぶん銀行にしたほうが返済総額は変わらずに無料でがん保険を一つ追加できたと思えばお得だと考えて借り換えをしました。

 

2019年3月からさらにお得な保証が追加!!

 この「がん50%保証団信」に強力なお得保証が追加されました!

 それが全疾病(すべてのけが・病気(精神障害を除く))で入院が180日以上継続になった場合、住宅ローン残高が0円になるという保証です!(下図の右側部分)

f:id:sere-na:20190324230623p:plain

 

 住宅ローンにここまで付いてくるってすごいことだと思いませんか?この「全疾病」がセットになったのはネット専業銀行4行(ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行)では初めてなんです!

 ちなみに、この制度が適用されるのは2019年2月以降の契約者の方なので私は対象外なんです・・・。

 

 以上の保障内容を表でまとめると下表のようになります。

f:id:sere-na:20190324232541p:plain

 今回、紹介させていただいたのは、一番左の一般団信と真ん中のがん50%保証団信(いずれも無料)です。金利に0.2~0.3%上乗せすればさらに手厚い保証がつけられます。

 是非ご検討してみてください!

 

最後に

 

 緩やかな景気回復が続いており、戦後最長などと政府は発表していますが、実感している方はほとんどいないと思います。私もその一人ですが、そんな世知辛い世の中だからこそみなさんからお知恵をいただき、また、得たものをみなさんに発信し、お得情報を共有いていけたらいうことありません。 

 

長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。